給湯器など家庭で起こる水漏れトラブル

給湯器など家庭で起こる水漏れトラブル 私たちの日々の生活は科学の進歩の上に成り立ち、年々より快適でより安全なものになってきています。特に家庭で使用する電気機器や水まわり設備の進歩は目覚ましいものがあります。機能性だけでなく、環境に配慮した省エネを追求した製品や、ワンランク上の付加価値を付けた製品も増えてきました。普段当たり前のように使用しているこうした設備ですが、何かトラブルが発生した際には、大きな支障が出てしまいます。今回はその設備が原因で起こる水のトラブルについて、どのようなものがあるのか紹介します。

■給湯器のトラブル

冬場はもちろん、毎日の入浴やシャワーに欠かせない存在の給湯器ですが、様々な種類のトラブルが発生します。例えば、温度が上がらない場合は、台所のガスコンロ等を確認し、家にガスが通っているかを確認します。コンロが問題なければ給湯器自体の故障と考えられます。水漏れが原因で点火部分が作動しなくなっている可能性もあるため、使用を控え、修理業者を手配します。給湯器は蛇口などと違い構造が複雑で危険を伴うため、知識がない場合は自分で無理して直そうとしないことが大切です。
水やお湯が出てこない場合は、リモコン等の動作に不良がないかをチェックし、家の水道が出るか確認を行います。それにより、水道トラブルなのか、給湯器の故障なのかを見分けるポイントになります。また、購入した際の商品の説明書を見ることで、対処法がわかることもあるので、捨てずにとっておくことをお勧めします。製造年月日や型番の確認にも使えます。

■トイレのトラブル
トイレは使用頻度が高いことから、様々な水のトラブルが発生するリスクが高いです。物を詰まらせてしまったり、接続部の劣化により水漏れが発生することもあります。軽度のトラブルであれば自分で対処することもでき、部品なども比較的簡単に交換が行えます。しかし、快適に過ごせるように進化しているからこそ、トラブルの幅も広がり、ウォシュレットや自動洗浄の部分から水漏れが発生してしまう場合もあります。タンクレスタイプ等、現在では幅広いタイプがあり、最適な対処を行う必要があります。

■台所のトラブル

台所の水道からぽたぽたと水漏れが発生している程度であれば、ねじを締めなおしたり、ゴムパッキンを新しいものと交換したりと簡単に修理することができます。しかし、台所のシンク下で水漏れが発生しているような場合には、早急に対処が必要となります。床に染み出した水が広範囲に広がり、床の腐食や電気機器関係の漏電等、様々な被害を引き起こす原因となる可能性があるためです。集合住宅であれば、近隣へも影響が広がる恐れがあるため、応急処置を行いながら修理業者へ速やかに連絡をしましょう。配管の老朽化等が原因の場合は、大掛かりな交換が必要なパターンもあります。普段見えない部分だからこそ、事前に気付きにくいため、注意しましょう。

■まとめ
家庭での水のトラブルに関しては日頃の清掃時にしっかりと観察をすることで、大きなトラブルになるのを避けられることも多いです。例えば、排水管から異臭がしたり、水道の蛇口の締まりが悪くなってきたり、お湯に切り替わるスピードが遅くなったりといった現象に気付くことです。早めに対処を行う事で経済的にも時間的にも負担が軽く済みます。いざという時のために、応急処置ができるグッズや部品の予備等をホームセンターで購入し、常備して置いたり、必要な器具を揃えておくことで、精神的な負担も軽くなります。
何より、快適に暮らしていくのに欠かせないものだからこそ、使用できなくなってから存在の大きさを実感するのではなく、日頃から適切に扱う事が大切ではないでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース